【覚えられない…】文章が記憶できる3つのテクニック | 意外な原因も

「大事な友達から結婚式のスピーチを任されたけど、文章が覚えられない」

「面接に必要な履歴書の文章が覚えられない」

など、よく聞きますが文章を覚えるためのコツはあるのでしょうか。

この記事では、文章が覚えられない原因と、短期間で文章を覚えるためのテクニックを解説します。

この記事を読むと、文章を覚えるためのテクニックがわかります。

文章が覚えられない」という人は、ぜひ最後までよんでみてくださいね。

記憶力とIQが上がる講座プレゼント中!

 

記憶力を良くしたい...」と悩んでいませんか?

テレビでも取り上げられた記憶のスペシャリストによる特別レッスンを期間限定で無料開講しています!

\東大生も推薦!/

記憶力をあげる方法を見る

※サービスはすべて無制限、0円でコンテンツをご覧いただけます。

監修者情報

株式会社Next Education

吉野式記憶術、宮地式脳トレ記憶術など、記憶や脳に関するコンテンツを数多く手掛ける記憶のエキスパート。


なお、記憶力の上げ方については記憶力を上げる方法とは?|誰でもできる記憶向上テクニックを紹介の記事で解説しているので、あわせてご覧ください。

文章が覚えられないと悩む人は多い

多くの人が文章が覚えられないと悩んでいるようですね。

 

 

 

 

 

文章が覚えられないのはやる気がないからではありません。

もちろんやる気も必要ですが、やる気だけでは不十分。

実は、文章を短期間で覚えることができるテクニックがあるのです。

 

文章が覚えられないのは、文章を覚えるためのテクニックを知らないだけ。

 

これから紹介するテクニックはすぐに実践できます。

面接やスピーチの文章が覚えられないと悩む人は、ぜひ実践してみてください。

 

文章を短期間で覚えるためのテクニック3選

今から、文章を短期間で覚えるためのテクニックをご紹介します。

文章を短期間で覚えるためのテクニックは、以下の3つです。

<文章を短期間で覚えるためのテクニック>

・テクニック①:文章を分けて記憶する

・テクニック②:アクティブリコールを活用する

・テクニック③:記憶する場所を変える

上記を読むと、文章を短期間で覚えるためのテクニックがわかります。

さっそくみていきましょう。

 

テクニック①:文章を分けて記憶する

文章を短期間で覚えるためのテクニック1つ目は「文章を分けて記憶する」です。

スピーチや面接で使用する原稿などの長い文章が覚えられないときは、文章を分けて記憶しましょう

文章を段落ごとにわけ、一文ずつ覚えることがおすすめです。

この時に一字一句覚えようとすると時間がかかってしまうので、全体の雰囲気を掴むように覚えていきましょう。

さらに文章同士の関係性を意識すると、スムーズに文章を覚えることができます。

面接やスピーチ、英語の文章などの長い文章だと覚えられないと抵抗を感じてしまうでしょう。

しかし、1文覚えることはさほど難しくはありません

1文覚える作業を文章の最後まで繰り返すと考えると、なんだか簡単そうに感じませんか。

 

テクニック②:アクティブリコールを活用する

文章を短期間で覚えるためのテクニック2つ目は「アクティブリコールを活用する」です。

文章が覚えられないと悩む人は、アクティブリコールを活用しましょう

アクティブリコールとは、以下のような学習方法です。

アクティブリコールとは、

自分で問題を作成し、自分に問いかけて復習する方法をアクティブリコールといいます。

例)・英語の単語であれば「distributorの意味は?」と自分に問いかける。

・簿記の場合は「仕分けの主要勘定科目は?」と自分に問いかける。

文章を覚える場合には、文章の中に出てくるキーワードを隠して、穴埋め解答形式にするのも良いでしょう。

 

パデュー大学の心理学のジェフリー Karpicke、博士号によると、

アクティブリコールが記憶の定着に効果的であることが確認されています。

アクティブリコールは文章を覚えるためだけではなく、英語や社会など暗記が必要な学習にも有効です。

短期間で文章を覚えるためには、自分に問いかけながら記憶するようにしましょう。

 

テクニック③:記憶する場所を変える

文章を短期間で覚えるためのテクニック3つ目は「記憶する場所を変える」です。

文章が覚えられないと感じる人は、 環境を変化させてみると良いでしょう。

 

ベネディクト・キャリーさん著書「脳が認める勉強法」によると、

学生たちをAとBのグループに分けて10分の学習時間を数時間空けて2回与えました。

同じ単語を同じ順番で同じ時間をかけて40個の単語を覚えさせる実験です。

Aは2回とも学習場所を変えずに勉強し、Bは前半と後半で学習場所を変えて勉強させました。

学習の3時間後に可能な限り単語を書き出す課題を与えます。

すると、Aが平均16個思い出したのに対して、Bは平均24個思い出すことができたのです。

こうして、環境の変化に伴い、思いだす力が大きく改善することが明らかになりました。

文章を覚えられない時も場所を変えて覚えることで思い出す力がアップします。

面接やスピーチ、英語の文章の記憶に息詰まった時には、場所を変えてみると良いでしょう。

関連記事:【再現性あり】記憶力を上げる方法とは?|誰でもできる記憶向上テクニックを紹介!

当てはまってない?文章が覚えられない3つの原因

今から、文章が覚えられない原因をご紹介します。

文章が覚えられない原因は、以下の3つです。

<文章が覚えられない原因>

・原因①:丸暗記しようとする

・原因②:記憶が苦手だと思い込んでいる

・原因③:しなければならないと思っている

上記を読むと、文章が覚えられない原因がわかります。

さっそくみていきましょう。

 

原因①:丸暗記しようとする

文章が覚えられない原因Ⅰつ目は「丸暗記しようとする」です。

文章が覚えられないと悩む人は、

「たくさん覚えないといけない」

「大量に暗記しないといけない」

と丸暗記しようとしてしまいます。

最初から全てを丸暗記しようとすると、覚えた先から次々と忘れてしまうのです。

この結果、 文章が覚えられないと感じてしまい練習や勉強をやめる人がほとんどです。

面接やスピーチ、英語の文章など、覚える量が多い文章の場合の丸暗記はおすすめできません。

 

原因②:記憶が苦手だと思い込んでいる

文章が覚えられない原因2つ目は「記憶が苦手だと思い込んでいる」です。

文章が覚えられないと感じる多くの人は、記憶が苦手と思い込んではいませんか

6度も記憶力日本一となった池田義博さんは、

「記憶が苦手だという人は、そう思い込んでいるだけ」「脳にまかせておけば、きちんと記憶してくれる」

と語っています。

文章が覚えられないと思い込むことで、 練習する気になれず最初からあきらめてしまうこともあります

今回お伝えした短期間で文章を覚えるための3つのテクニックを活用すると、思ったより簡単に記憶することができるでしょう。

 

原因③:しなければならないと思っている

文章が覚えられない原因3つ目は「しなければならないと思っている」です。

文章を覚えなければならないと思うと、しんどい努力をするようなイメージを持ってしまいます。

学生時代から多くの暗記を必要とされてきたことで「 暗記=しんどいこと」となってしまったのです。

さらに、長い文章をむきになって暗記しようとすると、何度やっても暗記できない自分に腹が立ってきます。

次第にストレスを感じるようになり、集中力や記憶力の低下をまねいてしまうのです。

 

文章が覚えられなくても焦る必要はない

文章が覚えられないからといって焦る必要はありません

もちろん、面接やスピーチなどは本番があるので、それまでに完璧に覚えたいですよね。

期限が迫ってくると、どうしても焦ってしまいます。

しかし、焦っても記憶力がアップしたり、文章を短期間で覚えられるようにはなりません。

今回お伝えしたテクニックを落ち着いて実践することが文章を覚えるための一番の近道です。

文章が覚えられないと悩む人は、 今一度3つのテクニックを確認し、実践してみることをおすすめします

 

 

まとめ:文章が覚えられない原因を正しく理解しよう

今回は文章が覚えられない原因と文章を短期間で覚えるためのテクニックを紹介しました。

この記事をまとめると以下のとおりです。

1.文章が覚えられないと悩む人は多い

2.文章を短期間で覚えるためのテクニック3選

2.1テクニック①:文章を分けて記憶する

2.2テクニック②:アクティブリコールを活用する

2.3テクニック③:記憶する場所を変える

3.文章が覚えられない3つの原因

3.1原因①:丸暗記しようとする

3.2原因②:記憶が苦手だと思い込んでいる

3.3原因③:しなければならないと思っている

4.文章が覚えられなくても焦る必要はない

5.まとめ:文章が覚えられない原因を正しく理解しよう

文章が覚えられないのは、やる気がないからではありません。

 

「面接があるけど、長い文章が覚えられない」

「こんなに長いスピーチの文章は覚えられない」など悩んでいるかたは、

文章を短期間で覚えるためのテクニックを知らない可能性があります。

 

今回ご紹介した方法はどれも簡単なので、ぜひ試してみてください!

ちなみに、記憶力をあげたいなら吉永式記憶術という記憶術もおすすめです。

記憶術は科学的に裏打ちされたスキルなので、誰でも習得できるメリットがあります。

Wonder Educationでは、誰でも記憶力を高められる記憶術講座を提供しています。再現性の高い指導で、記憶力向上とそれによる目的の達成をサポートしていますので、ご興味のある方はぜひ気軽にお問い合わせください。

記憶術のスクールなら株式会社Wonder Education

監修者
的場 惇人(まとば あつひと)

株式会社Wonder Education 代表取締役

#株式会社Wonder Educationとは?

Wonder Educationは関わっていただいた全ての方に驚愕の脳力開発を体験していただき、
新しい発見、気づき『すごい!~wonderful!~』 をまずは体感していただき、『記憶術は当たり前!~No wonder~』 と思っていただける、そんな環境を提供します。

#記憶術に対する想い

学校教育だけでは、成功できない人がたくさんいる。良い学校を卒業しても、大成功している人もいれば、路頭に迷っている人もいる。反対に、学歴がなくとも、大成功をしている人もいれば、路頭に迷っている人もいる。一体何が違うのか?
「人、人、人、全ては人の質にあり。」
その人の質=脳力を引き出すために、私たちは日常生活の全ての基盤になっている"記憶"に着目をしました。

「脳力」が開花すれば、人生は無限の可能性に溢れる!

その方自身の真にあるべき"脳力"を引き出していただくために、Wonder Educationが発信する情報を少しでもお役立ていただければ幸いです。

記憶力が上がる有料講座を無料で公開中!
記憶術講座を無料で見る
記憶力が上がる有料講座を無料で公開中!
記憶術講座を無料で見る