英単語を効率的に暗記する方法を紹介

「英単語を効率的に暗記するための覚え方は?」
「英単語の暗記におすすめの『場所法』とは?」
「場所法を成功させるコツは?」
グローバル化が進む今、英語の重要性は年々増加しているといえるでしょう。
そこで本記事では、英単語を効率的に暗記する方法を詳しく解説していきます。
記憶術について詳しく知りたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

記憶力とIQが上がる講座プレゼント中!

 

記憶力を良くしたい...」と悩んでいませんか?

テレビでも取り上げられた記憶のスペシャリストによる特別レッスンを期間限定で無料開講しています!

\東大生も推薦!/

記憶力をあげる方法を見る

※サービスはすべて無制限、0円でコンテンツをご覧いただけます。

監修者情報

株式会社Next Education

吉野式記憶術、宮地式脳トレ記憶術など、記憶や脳に関するコンテンツを数多く手掛ける記憶のエキスパート。


英単語を効率的に暗記するための覚え方

まずは、英単語を効率的に暗記するための覚え方を解説していきます。
ポイントは、以下の7つです。

  • 一度で覚えようとしない
  • 1日200単語に「目を通す」
  • インプットとアウトプットを繰り返す
  • 単語をビジュアル化して覚える
  • 似た場面で使われる単語をセットで覚える
  • 頻出する単語から覚える
  • 使う場面を意識しながら覚える

それぞれ見ていきましょう。

一度で覚えようとしない

英単語は一回の学習で完全に覚えようとせず、反復学習を組み合わせましょう。
はじめに単語が出てきたときに意味や使い方を調べ、確認します。
しかし、その後も単語を繰り返し学習することで、長期的に記憶に定着させることが重要です。

この方法は、単語の出現頻度や重要度に合わせて学習のタイミングを調整することで、効率的な記憶を促進します。
短期的な記憶ではなく、長期的な記憶を目指す方におすすめの学習方法です。

1日200単語に「目を通す」

1日200単語に目を通すことも、効率的な英単語の暗記には必要不可欠なテクニックです。
記憶とは本来、繰り返しインプットされる(=必要な)情報以外を忘れるもの。
すべてを完璧に覚えようとするのではなく、最初は単に目を通すことで、繰り返しの学習を促しましょう。

この方法は、単語の視覚的な認識を促進し、覚えるのが難しい単語にも慣れるのに役立つでしょう。
その後、時間をかけて徐々に覚えていくことができます。

インプットとアウトプットを繰り返す

インプットとアウトプットを繰り返すことも、英単語の効率的な暗記法です。
まずは単語の意味や使い方をインプットします。
その後、アウトプットとして、その単語を使った文章や例文を作成しましょう。
これにより、単語の理解度が深まります。

さらに、作成した文章や例文をチェックし、修正することで、正しい表現を身に付けることができます。
この方法は、単純な暗記だけでなく、実際の英語の文脈で単語を使う能力を養うために効果的です。

単語をビジュアル化して覚える

単語をビジュアル化して覚えることも、英単語の効率的な暗記法です。
それぞれの単語に具体的なイメージを結び付け、視覚的なアンカーとして利用します。
たとえば、単語”apple”を覚える際には、リンゴのイメージを思い浮かべることです。
この方法は、視覚情報を利用することで、単語をより鮮明に記憶するお手伝いをします。

また、連想力も養われます。
この覚え方は楽しくて創造的な方法ですので、記憶の定着力も高まります。

似た場面で使われる単語をセットで覚える

似た場面で使われる単語をセットで覚えることも、英単語の効率的な暗記法です。
関連する単語をグループ化し、それらを一緒に覚えることで効果的な記憶を促進します。

たとえば、「travel(旅行)」という単語では「journey(小旅行)」「destination(目的地)」「adventure(冒険)」などといった関連する単語をセットで覚えます。
この方法は単語同士の関係性を把握しやすくし、記憶の一貫性を高めるだけでなく、実際の文脈で単語を使う場合にも役立つでしょう。

頻出する単語から覚える

頻出する単語から覚えることも、英単語の効率的な暗記法です。
実際の使用頻度の高い単語を優先的に覚えることで、語彙力の向上や実用的な表現力の獲得を目指します。
たとえば、「hello」「goodbye」「thank you」といった日常会話で頻繁に使われる単語から始めるのが効果的です。

また、テキストやリスニング教材などでよく出てくる単語も重点的に学習します。
この方法は実生活でのコミュニケーションに役立ち、英語の基礎力を養うことができます。

使う場面を意識しながら覚える

使う場面を意識しながら覚えることも、英単語の効率的な暗記法です。
単語を単に覚えるだけでなく、その単語を実際に使用する場面や文脈をイメージしながら学習する方法です。
たとえば、「celebrate(祝う)」という単語を覚える場合、その単語がパーティーや誕生日などの特別なイベントで使われることを意識します。
これにより、単語の意味や使い方が実践的に身につき、長期的な記憶ができるでしょう。

この方法は単語の実用的な活用に焦点を当てているため、実際のコミュニケーションにおいて単語を自然に使えるようになります。

関連記事:エピソード記憶とは?特徴や活用術から、記憶障害との関連について解説!

英単語を暗記するためのコツ

次に、英単語を暗記するためのコツを見ていきましょう。
以下の3つのポイントを押さえてみてください。

  • 日本語訳の「コトバ」で覚えない
  • 絵や映像で単語のイメージをつかむ
  • 単語のイメージを広げる

それぞれ解説していきます。

日本語訳の「コトバ」で覚えない

「日本語訳のコトバで覚えない」とは、単語を一度日本語に訳すことなく、それを物や概念と直接結びつけて覚えることを指します。
たとえば、「apple」を単に「りんご」と覚えるのではなく、りんごという果物のイメージと一緒に「apple」という英単語を記憶しましょう。
これにより、単語を使う際に日本語を介さずに思い出せるようになり、スムーズなコミュニケーションが可能となります。

この方法は言葉の素早い発話を促進し、実践的な英語表現力の向上につながります。

絵や映像で単語のイメージをつかむ

絵や映像で単語のイメージをつかみ、視覚的なイメージとして記憶することも意識しましょう。
「cat(猫)」を例にすると、猫の絵を見ることでその単語を連想しやすくなる、という具合です。
この方法は単語の意味と視覚的なイメージを結びつけることで、長期的な記憶を促進します。

また、単語のイメージを使ってストーリーを作ったり、関連する画像を集めたりすることも効果的です。
これにより、単語を視覚的に捉え、より効率的に覚えることができます。

単語のイメージを広げる

単語のイメージを広げることも、英単語の暗記に重要です。
単語の意味だけでなく、それに関連するイメージや情景を広げて覚えます。
たとえば、「car」を覚える際に、車の外観や内装、走行シーンなどをイメージします。
これにより、単語のイメージが豊かになり、より鮮明に記憶されます。

また、この方法は単語をより実践的に使えるようにすると同時に、関連する単語や表現を自然と覚える手助けにもなります。
単語の意味だけでなく、全体のコンテキストを把握して覚えることで、英語の使い方をより理解できるようになります。

英単語の暗記におすすめの「場所法」とは?

英単語の暗記におすすめの場所法は「場所連想法」です。
単語を特定の場所に関連付けて覚えます。
たとえば、玄関に「door」、リビングに「TV」とイメージしておくことで、その場所を思い出すたびに単語も思い出せるでしょう。
場所は視覚的な情景を引き起こし、記憶の定着を助けます。

また、場所よりは利用頻度の高い場面や身近な場所を選び、イメージを具体的にすることも重要です。
これにより、単語の暗記を楽しく効果的に行うことができます。

場所法で英単語を暗記する方法

ここからは、記憶術のひとつ「場所法」で英単語を暗記する方法を紹介します。
場所法とは、その名の通り「場所に記憶を結びつける手法」です。
ここでは、具体的な方法を3つ紹介していきます。

  • デスク上の場所で覚える
  • 通勤・通学ルート上の場所で覚える
  • パソコンのフォルダに場所を作って覚える

それぞれ見ていきましょう。

方法①デスク上の場所で覚える

デスク上の場所法は、英単語の暗記法のひとつです。
デスク上の物や配置を利用して単語を覚えます。
たとえば、「pen(ペン)」を覚える際に、ペン立てやメモ帳のそばにペンを置くというイメージです。

この方法は、視覚的な刺激と物理的な配置を組み合わせて記憶を強化し、単語の呼び出しを促進します。
デスク上の場所は日常的に目にするため、自然な形で単語が浮かび上がり、繰り返し確認することで効果的な暗記が可能です。

方法②通勤・通学ルート上の場所で覚える

通勤・通学ルート上の場所法は、英単語の暗記法です。
ルート上の特定の場所を単語と関連付けて覚えます。
たとえば、バス停に「bus」とイメージしておくと、その場所を通り過ぎるたびに「bus」という単語が浮かび上がるでしょう。

この方法は、日常的に経験する場所を利用するため、反復して単語を確認する機会が多く、効果的な暗記につながります。
また、視覚や感触などの情景を活用することで、記憶の定着も促進されます。

方法③パソコンのフォルダに場所を作って覚える

パソコンのフォルダに場所を作って覚える方法もひとつの手です。
フォルダを作り、その中に単語と関連する画像や文書を保存します。
「dog(犬)」を覚える際に、特別なフォルダを作り、犬の画像や関連する情報を保存するのも良いでしょう。

この方法は、情報を整理しやすく、アクセスも簡単なため、効果的な暗記につながります。
また、フォルダ名やファイル名を英単語にすることで、視覚的な刺激と関連付けることもできます。

場所法を成功させるコツ

最後に、場所法を成功させるコツを3つ解説していきます。

  • 単語と場所に意外性をもたせる
  • 一連の流れのなかで覚える
  • 同じことを繰り返す

それぞれ確認してください。

単語と場所に意外性をもたせる

単語と場所に意外性を持たせることは、場所法の成功のコツです。
たとえば、「car(車)」を覚える場所に、車があるのではなく、車の上にキリンが乗っているという意外なイメージを作ります。

このような意外性があると、記憶が強くなり、長期的な暗記効果が得られます。
想像力を活用して、単語と場所の結びつきを思い出しやすくしましょう。

一連の流れのなかで覚える

場所法の成功のコツのひとつは、単語を一連の流れのなかで覚えることです。
たとえば、「apple(りんご)」を覚える場所では、まず目の前にりんごがあり、手で摘んで口に運びます。

こうすることで、単語と場所の結びつきが深化し、イメージがより鮮明になります。
単語を動作や流れと結びつけることで、より効果的な暗記が可能です。

同じことを繰り返す

同じことを繰り返すことも、場所法を成功させるためのコツのひとつです。
たとえば、「apple(りんご)」を覚える場所では、何度も繰り返し、りんごをイメージするのです。

この反復は、脳に記憶を定着させる効果があります。
同じイメージを繰り返し想起することで、単語と場所の結びつきが強まり、記憶の定着につながります。

場所法で英単語を効率よく暗記しよう

今回は、英単語の暗記について解説してきました。
場所法は効率的な英単語の暗記法です。
まず、単語をイメージしやすい場所に関連付けます。
そして、その場所を順番に辿りながら単語を想起していくと、連想しやすく記憶が定着します。
場所法を使うことで、単語を楽しく短期間で効果的に覚えることができるでしょう。

ちなみに、記憶力をあげたいなら吉永式記憶術という記憶術もおすすめです。

記憶術は科学的に裏打ちされたスキルなので、誰でも習得できるメリットがあります。

Next Educationでは、誰でも記憶力を高められる記憶術講座を提供しています。再現性の高い指導で、記憶力向上とそれによる目的の達成をサポートしていますので、ご興味のある方はぜひ気軽にお問い合わせください。

記憶術のスクールなら株式会社Next Education

監修者
的場 惇人(まとば あつひと)

株式会社Next Education 代表取締役

#株式会社Next Educationとは?

いつからでも、どこからでも、気軽に新しいことに挑戦できる。「次の新しい学び-Next New Education-」を始められる。そんな環境を提供し続ける会社です。

#記憶術に対する想い

学校教育だけでは、成功できない人がたくさんいる。良い学校を卒業しても、大成功している人もいれば、路頭に迷っている人もいる。反対に、学歴がなくとも、大成功をしている人もいれば、路頭に迷っている人もいる。一体何が違うのか?
「人、人、人、全ては人の質にあり。」
その人の質=脳力を引き出すために、私たちは日常生活の全ての基盤になっている"記憶"に着目をしました。

「脳力」が開花すれば、人生は無限の可能性に溢れる!

その方自身の真にあるべき"脳力"を引き出していただくために、Next Educationが発信する情報を少しでもお役立ていただければ幸いです。

記憶力が上がる有料講座を無料で公開中!
記憶術講座を無料で見る
記憶力が上がる有料講座を無料で公開中!
記憶術講座を無料で見る